お問い合わせ
概算費用計算

クラウドERP、CRM、PSAの導入メリット

クラウドERP、CRM、PSAの導入メリット

企業状況によって、SaaS対オンプレミスを比較する際にSaaS Cloud ERPソリューションの利点が大きなウエートを占めます。

リソースの有効活用

クラウドERP、クラウドCRM、クラウドPSAのソリューションの大きな魅力は、企業においてネットワークやハードウェアに対してさらなる大きな経費支出が不要になる、という点にあります。企業がSaaSのサプライヤーと契約することにより、アプリケーションやデータベースの新たなサーバーを購入する必要がなくなり、クラウドERP、CRM、PSAソリューションに関連したインストール、トラブルシューティングと、ハードウェア・ソフトウェアの管理のために人を雇うことや新たなライセンス購入が不要となります。

高度なセキュリティ

これまではクラウド環境で管理された機密データは、セキュリティ上の不安がありました。しかし、クラウドERPベンダーが、より安全な環境を提供することを可能としました。セキュアなデータ管理や設備維持のためのスペシャリストを確保しました。さらに安定稼動のために維持管理を行ったり、障害発生時の緊急対応を行っています。ベンダーはまた、システム基盤を強化し、グローバルセキュリティ標準に準拠しています。クラウドERPのベンダーは、セキュリティ対策についてのパートナーとして位置づけを確立していると言えるでしょう。

スケーラビリティ

クラウドを導入した場合の一つの利点は、ユーザーのニーズに合わせた規模のサービスを受けられることです。例えば、ビジネスが急激に拡大して海外に展開する場合などでも、ライセンスサイズを増やすことは容易に可能です。また、逆にサイズダウンしなければならない場合は、企業のその時々のニーズに合わせてライセンス数を減らすオプションを選択することができます。

柔軟なアクセス

SaaS提供の本質は、企業がどの場所からもアプリケーションにアクセスできるということです。遠隔の拠点や、外出先でERP、CRMまたはPSAのシステムを使わなければならない場合でも、アクセスできる環境を提供できることを意味します。

サポート

クラウドのERP、CRM ベンダーがソフトウェアとハードウェアの維持管理を行い、24時間サポートの提供を可能としています。オンプレミスの場合、サポートは追加サービスになりますが、クラウドのベンダーでは標準サービスとして含まれています。(バージョンアップも含まれます)
クラウドERP、CRMソリューション選択の検討は、企業の要件による影響を受けます。カスタマイズや複雑なレポートの必要性に堪える要件があれば、オンプレミスのソリューションが唯一の方法となります。かたやオンプレミスのインフラやITスタッフに多くの経費を割きたくない企業にとっては、クラウドベースのソリューションが最適解です。

クラウドERP等についてのご質問やお打ち合わせのご依頼はこちら

お問い合わせ 03-5545-8950