お問い合わせ
概算費用計算

多通貨会計への対応

多通貨会計への対応

多通貨管理におけるマネジメントは、シンプルなものから複雑なものまで、ビジネスの環境や法的規制における変化に対応するため、機能的に柔軟であることが必要です。
多通貨ソリューションを検討する際には以下の様な検討事項があります。

高度な多通貨

多通貨のマネジメントはグローバル企業が必要とする最も複雑な業務において、高度な管理機能が要求されます。

複数基軸通貨

企業によっては取引ごとにベース通貨、報告用通貨あるいはその他の管理用通貨が必要な場合があります。

換算レートの一元管理

グループ会社が必要とする、さまざまな取引通貨と換算レートは一元管理を行うことが理想的です。

グループ企業ごとに異なるベース通貨

それぞれのグループ会社ではローカル基本通貨とグループの統一通貨での、二元基本通貨による管理を必要とする場合もあります。

記帳

取引ごと、あるいは勘定科目ごとに異なる通貨を計上する場合があります。

多様な換算レートテーブル

同じ取引通貨であっても取引ごとに異なる種類の換算レートを採用しなければならない場面があります。そのため、柔軟な為替レートのマネジメントが大切になります。

レートの変動

換算レート差異のレンジのパラメータ設定によって、仕訳の入力エラーを防ぐことは重要です。

外部ソースからのインポート

ウェブサイトや金融機関のレート情報を会計システムに連携させたい場面があります。その場合、外部のレートテーブルを会計システムにインポートする機能が必要です。

多通貨の債権債務管理

再評価

未実現の利益と損失を示します。

多通貨シミュレーション

為替レートを登録せずに、さまざまなレートでシミュレーションを行い、再評価の結果を分析します。

多通貨会計についてのご質問やお打ち合わせのご依頼はこちら

お問い合わせ 03-5545-8950