お問い合わせ
概算費用計算

予算管理・予測についての課題

予算管理・予測についての課題

予算設計、計画、予測、報告およびリスクマネジメントはますます複雑になっています。企業をとりまく環境におけるこれらの問題を認識することで、より最適な予算管理ソリューションが選択できます。
最も一般的な予算管理の課題を以下に4つご紹介します。

予算管理の課題1

従来の予算編成は財政的な投資が結果や成果に適切にリンクされておらず、設定された計画に対する実際のROIの認識にとどまっていました。

ソリューション

個別な対象にリソースを配分するフレームワークを用いれば、計画に対する結果の状況について、より明確な分析を得られます。

予算管理の課題2

従来の予算編成は、各部門責任者が自らの業務範囲の都合により偏った策定を行っていました。結果として全社的なビジネス戦略と一致しないという問題があります。

ソリューション

年度ごとのビジネス戦略に基づいた計画を立案することによって、具体的な目標と優先事項が確定します。その上で、ビジネス戦略はすべての部門に通知され、予算プロセスがより迅速になり、予算交渉がスムーズに運びます。

予算管理の課題3

固定された予算や長期的な財務計画があると、財政的な目標は大まかになりがちです。さらに、年度内にビジネス状況の変化などが起こった場合、担当者にはその変化の要因を把握して予算と計画を調整する効率的な方法が用意されていないために、結果として組織の活動を停滞させてしまいます。

ソリューション

予算と計画のタスクには、経済的や組織的な予想外の変化に応じて、柔軟に軌道修正が行える様なフレームワークが必要です。

予算管理の課題4

不安定な市場においては、リソースや予算の制約、戦略における急激な変化などを避けることができません。そういった状況下では適切な予算編成を導くフレームワークが必要とされます。

ソリューション

急激な変化に対応する予算の修正は、さまざまなシミュレーションの実施によって、経営判断を行うためのより多くのオプションを提供します。さらに、フレキシブルに実績を比較分析することで、現在のトレンドを強調することができます。

予算管理についてのご質問やお打ち合わせのご依頼はこちら

お問い合わせ 03-5545-8950