お問い合わせ
概算費用計算

管理会計の導入メリット

管理会計の導入メリット

管理会計とは、企業ポリシーと戦略におけるマネジメントをアシストするための財務やその他の経営情報についての公開準備とプレゼンテーションの手法です。

管理会計は、主幹部署が次の領域に到達してこそ、その役割を果たしうるものです。

  • 戦略的なマネジメント― 組織の中での戦略的な役割としての管理会計を推し進めること
  • パフォーマンスマネジメント― ビジネスの経営決断、組織のパフォーマンスをマネジメントすること
  • リスクマネジメント― 組織の目的達成に対するリスクを把握、分析、判断、管理、報告すること

管理会計担当者はしたがって、企業内の戦略的な立場にあります。彼らは組織の将来に影響を及ぼす決断を必要とします。過去データやコンプライアンスの観点とは異なるものです。管理会計によるレポートは、情報管理、KPI、、監査、マーケティング、業績評価、価格設定、そして流通分野をアシストします。

業界特有の管理会計のレポートは、財務管理システムの中で構築された“セグメント(区分)”を使います。セグメントは一般的には、部門、製品、営業担当、販売チャネル、プロジェクト、サプライヤー、コストセンターその他で使われます。マネジメントに対し、できるだけリアルタイムに近い状態で、会社のオペレーションを多次元に分析することを管理します。ビジネスの目標を達成するためにサポートし、変化しつづける企業活動の指標としてマネジメントレポートを使います。

業界特有なマネジメントレポートの例として、ホテルユニフォーム会計基準があります。これらは、部屋稼働率、部屋やバンケットやレストランの収益その他についての定期的(日次、月次その他の統計情報)レポートです。タイムリーにその様な分析的データを受け取り、マネージャーは、ビジネスの目標を達成するために、すぐにオペレーションの改善をすることができます(レヴェニューマネジメントや、バンケットパーティーのキャンペーンなど)。同様に、保険業界では複数の保険商品、外国為替表示、保険チャンネルその他の損益分岐点をモニターするために、さまざまな切り口を使ったリアルタイムのマネジメントレポートを必要とします。

管理会計についてのご質問やお打ち合わせのご依頼はこちら

お問い合わせ 03-5545-8950