お問い合わせ
概算費用計算

Infor SunSystems

SunSystems 多通貨会計システム (多言語:日本語、英語会計ソフトウェア)

多言語会計システムについては下記をご参照ください)
インフォア サンシステム多通貨・外貨会計システム(ソフトウェア)は、優れた2元基準通貨の機能を持ち、さらに第5通貨まで対応が可能です。この強力な機能によって、任意の通貨で商品やサービスの購入/販売、複数通貨での会計処理、多通貨会計による支払や銀行への入金、任意の通貨で本国の親会社に報告、などが可能です。

インフォア サンシステム(サンアカウント)多通貨・外貨会計管理システムの特長

  • 2元基準通貨の処理により、複数GAAPに対応が可能
  • サンシステム全体を通して取引データごとに、最大5つまでの異なる値を持たせることが可能(例:4つの通貨の値と、メモあるいは統計値など)
  • 4つの通貨の値はすべて、下記の様な異なる性質を保持
    -基準通貨(値1):元帳に対して固定される基準通貨
    -取引通貨(値2):取引ごとに異なる通貨
    -第2基準通貨または報告用通貨(値3):元帳に固定される第2基準通貨
    -第4通貨(値4):固定される第3基準通貨あるいは可変の取引通貨
  • 任意のコンバージョンレートを使用できる柔軟性
    (例:日次/週次/月次/年平均/公開金利など)
    取引ごとに、通貨設定の自動化も、必要に応じて手動で設定することも可能
  • 為替の差損益は自動的に認識して転記
    -実現損益と未実現損益を転記する勘定の指定が可能
    -損益を適切な勘定に転記して再評価の実行が可能
    -再評価の転記は、利益と損失をそれぞれ個別に分けて、あるいは純損益で指定することが可能
    -再評価はレポート作成の目的だけで実行することも可能

インフォア サンシステム外貨会計システムのメリット

  • 包括的な財務報告機能によって、基準通貨、取引通貨、第2基準通貨またはレポート用通貨、および第4通貨の、それぞれ任意の組み合わせでのレポートを作成することが可能
    このレポート作成は、異なる事業単位、異なる通貨を統合できる機能を含む
  • 入力エラーをなくし、正確な為替損益を算出するため、多通貨会計の要件を完全に自動化。本社や税務署に信頼性のある報告が可能

外貨取引の場合、多通貨換算を自動化

Infor SunSystems 多言語会計システム (日本語、英語、中国語会計ソフトウェア)

インフォア サンシステム(サンアカウント)は、まさにグローバル展開に対応する多言語会計システムです。日本語、英語、中国語など(20+ 言語)の会計用語に対応し、それぞれの国内での会計システムと同等に機能します。また、その他の主要な言語にも対応しています。

サンシステムの日本語・英語・多言語会計機能は、ユーザインタフェースのほか、マスターファイル(COA/セグメントコード)、各データ、およびレポートに対応しています。

例えば、日本語ユーザーが日本語の画面でシステムを操作しても、日本語はもちろん、英語や中国語などの会計レポートも同時に自動的に作成することも可能です。

Infor SunSystemsの「多通貨会計」についてのお問い合わせはこちら

SunSystems お問い合わせ